Akira Tana & OTONOWA 東北応援ツアー2018

Akira Tana & OTONOWA 東北応援ツアー2018ご紹介

3.11東日本大震災の復興を願ってスタートされた日系アメリカ人ジャズグループ
Akira Tana & OTONOWAの第6回目となる「東北応援ツアー2018」が今年も始まりました。
今年も阪急オアシス「伊丹鴻池店」「日生中央店」でライブイベントが開催されます!

10月27日(土)阪急オアシス「伊丹鴻池店」
10月28日(日)阪急オアシス「日生中央店」

2年前に初めて関西でのツアーもスタートし、今年で3回目!
東日本大震災以降も各地で地震による被害が多発。今年は熊本にも足を運ばれているそうです。
アキラさんの言葉にある
「メディアが報じなくなると人々は復興は終わったかのように錯覚して忘れてしまいます。
しかし今も復興の努力は続いており、長い道のりなのです。それを忘れないということを
音楽を通じて呼びかけ続けていきたい。」という想い。
ライブでは心満たされる素晴らしいジャズを堪能できることは言うまでもなく、
その人柄溢れる優しさや温かさ、どこか懐かしさも感じさせるサウンドを楽しむことができます。

なかなか聴くことができない世界的なアーティストの音を間近で楽しむことができる!
この機会に是非足をお運びいただき、肌でその音を感じていただけると嬉しく思います。
今回のイベントには両日ゲストボーカルも入ります。

 

10月27日(土) 11:00~/12:00~
★阪急オアシス伊丹鴻池店ランチタイムコンサート
オアシスカフェにて

 

10月28日(日) 11:00~/12:00~
★阪急オアシス日生中央店ランチタイムコンサート
オープンカフェにて

 

OTONOWA
Akira Tana — Drums & Leader
Art Hirahara — Piano
Masaru Koga — Sax, Flute & Shakuhachi
Noriyuki “Ken” Okada — Bass
Saki Kono — Guest Vocal

***********************************************
OTONOWAホームページより
http://www.otonowa-usa.com/jp

ソニー・ロリンズ,ソニー・スティット,ミルト・ジャクソン,ジム・ホール,J.J.ジョンソン等のジャズ・ジャイアンツ達と共演してきた日系2世のドラマーと聞けばアキラ・タナの名前を思い浮かべるジャズ・ファンも多い筈だ。彼が録音に参加したアルバム数は実に150を超える。そんなベテランのアキラ・タナが2011年の東日本大震災をきっかけとして始めた最新プロジェクトが「Otonowa(音の輪)」だ。メンバーは全て日系アメリカ人であり、2013年に発表されたCD「Otonowa」には、「ふるさと」「紅葉」「荒城の月」等の日本の名曲を骨太のジャズ・アレンジで演奏した素晴らしいトラックが収録されている。ジャズの最前線でアメリカ人として演奏してきたミュージシャンであると同時に、日本を民族的背景に持つ彼らが日本文化を振り返り、日米にまたがる自分のアイデンティティを再発見するという点にこのバンドの特徴がある。「日本への震災支援ツアーは今後も続けていきたいです。米国でもハリケーン・カトリーナ等の大災害がありましたが、メディアが報じなくなると人々は復興は終わったかのように錯覚して忘れてしまいます」とアキラは語る。「しかし今も復興の努力は続いており、長い道のりなのです。それを忘れないということを音楽を通じて呼びかけ続けていきたい」。東北での演奏は現地と協力しながら手作りでやっており、ツアーでは知人のつてで機材を借りてレンタカーで東北各地を走り回る。

***********************************************

東北でのOTONOWAの活動を紹介したドキュメンタリービデオを是非ご覧ください!
毎年、来日され現地にも行き、このような活動を続けてられます。
https://www.youtube.com/watch?v=ZEtMzu90XX0&feature=youtu.be